CRF 詳細レポ
3箇所に脂肪注入😬💉
術前にまさかのハプニング!?
” 1月31日 ” は愛妻の日👩‍❤️‍👨





 

 

 

 

” 1月31日 ” は愛妻の日👩‍❤️‍👨

 

少し特別扱いしてもらえる日なのに
私は全然覚えてなくて←

 

・・・ということは
旦那も忘れてるだろうと思ったら、
数日前にちゃんと思い出したらしい🤣💭

 

 

期待していなかった時に
貰えるプレゼントほど
嬉しいものはないよね〜っ🥺💐✨

 

やるじゃん、パパ💕笑

 

 

お花を渡されながら「いつもありがとう」
って言われるの、なんか照れる🥰💭❤️

 

 

 

マイホームに引っ越してから
お花を絶やさずに飾ってるんだけど、

お花があるかないかで
雰囲気も気持ちも全然変わるよねっ🏡

 

昔からお花好きだけど、
この歳になって更に好きになった🤗✨

 

 

 

さて、本題に入りますが、、

 

実はおととい・・・

2回目の脂肪注入をやったの🤭💕

 

 

 

おでこも1回目の施術前に比べたら
全然違うし丸みもしっかり出てるんだけど、

少し吸収されたのか私が見慣れたのか
なんとなく物足りないような感じがしていて
 

しばらくの間どうしようか迷っていたけど、
孫先生に相談して決心しました🙏🏻✨

 

 

孫先生は腕が良いだけではなくて、
患者さんに寄り添った
カウンセリングをしてくださる先生で、
本当に優しいのです🥺💭

 

そんな孫先生は先月まで二子玉川院で
院長をされていたのですが、

今月から品川院の院長に就任された✨
とのことで、私も品川院へ行きました🚃💨

( 孫先生のいるクリニックへ行く人w )

 

 

品川駅で降りることじたい初めてだから
迷わずに行けるか心配だったけれど、

港南口を出て直進するだけ🏃‍♀️
時間にすると約3〜4分で着きました💡

 

 

まずはカウンセリングで理想を伝えて、
脂肪の注入箇所などを決めていきます🔖

 

■おでこをもっと丸くしたい
■窪んでいるこめかみをふっくらさせたい
■頬のコケている部分をふっくらさせたい
■頬に少し高さを出して全体的に丸い顔に
 

私が今回希望していた感じを
簡単に箇条書きでまとめるとこんな感じ🤗✨

 

なので去年夏に初めて脂肪注入をした時は
おでことこめかみの2箇所でしたが、

今回はそれに頬もプラスされました💉

 

 

ちなみに注入した脂肪の定着率は
約80%前後と言われていて・・・

もちろん1回目よりは2回目のほうが
定着率はかなり良くなるみたいなのですが、

注入した脂肪が
すべて定着するわけではないと思うと
「入れ過ぎなくらい入れてください🙇‍♂️」
とお願いしてしまったよね🤝✨←

 

 

 

手術までの流れを細かく言うと、、

 

■静脈麻酔を使用するため
手術の6時間前から食べ物禁止
手術の2時間前から飲み物禁止

■洗顔してトイレを済ませて手術室へ

■紙ショーツと巻きタオルに着替えて
先生とデザインの相談をする

■手術台に横になって
心電図や酸素を測る器具をつけたり、
点滴をしたり、手術する箇所の消毒

■準備が整ったら先生が再度呼ばれて
点滴から麻酔薬を入れていく

 

ここからはもう私は眠ってしまって
なんの記憶もありません!

もちろん痛みも分かりません!笑

 

 

この眠っている間に局所麻酔をして、

太ももから脂肪を採取して、、

その脂肪を遠心分離機にかけます😳💡

 

コンデンス(濃縮)技術で不純物を除去、

健全な濃縮脂肪細胞
=コンデンスリッチファット(CRF)

だけを取り出すのだそう🌟

 

CRFは定着率が高いんだって😊🌿

 

 

採取した脂肪を遠心分離機にかけている間、

手術台で10分間くらいかな…?
少し待ってないといけないんだけど、

その間は先生が一旦部屋から離れるから
麻酔薬を継続して使用できなくて、
徐々に目が覚めてきちゃうのね😰💦

 

もちろん局所麻酔も効いてるから
痛みを感じることはなかったし、

完全に目が覚めるとまではいかなくて
夢と現実の狭間にいる感覚だよ?笑

 

でもお酒が1滴も飲めない私にとっては
その酔っ払った感じというか、
ふわふわしてる感じがもう苦手すぎて🌀

脂肪が出来上がってくるまでの
1分1秒がとても長く感じました🤣💦

 

 

もちろん麻酔の効き方にも個人差があって、

実際に私も1回目と2回目では
目が覚めたけど全然違う感じだったから
一概には言えないのですが・・・🧐💭

 

 

通常はここからは静脈麻酔は使わずに
自分も起きた状態で脂肪を注入して、

「ここをこうしたい」とか
先生と相談しながらできるみたいだけど、

私はできる限り
眠っている間に終わってほしくて←

担当してくださるのが孫先生なら
デザインお任せでも安心感しかなかったし、

先生と看護士さんに相談して
脂肪を注入する時はまた麻酔薬を足して
眠らせてもらいました😪💗

 

 

だから次に目が覚めた時には
もう全てが終わっている状態だったよ!

 

夢の中なのか現実なのかは分からないけど、
頬に注入する時とかは「イタイ・・・」って
言ってたような気もするような💉←
 

その記憶も定かではないくらい
麻酔で朦朧としていました😪💭笑

 

実際痛いとかは本当に感じないけど、
脂肪が入ってきてる時の違和感は
多少感じちゃうのかもしれないね😆💦
( 私はそれを ” イタイ・・・ ” とw )

 

 

 

そして1回目と大きく違った事がひとつ!

 

” 一度経験していることだからこそ ” の
不安と恐怖が押し寄せてきて、笑

オペ前から緊張しまくっていたせいなのか

先生とデザインを話している途中で
目の前がザーッと暗くなってきて
気持ちが悪くなってきて・・・😱💦
 

その時は手術台に腰かけた状態だったので
すぐに横にならせてもらったら
落ち着いたので良かったのですが🌀
 

麻酔薬を投与されるまで
ずっと寒気が半端なかったです😳💦

 

まぁ時期も時期だから寒いのかな⛄️
程度にしか思っていなかったけれど、

脂肪を遠心分離機にかけている間
ぼんやり目が覚めてみても悪寒が止まらず

口もガタガタし始めて、
終いには脚も腕も全身ガタガタでした🥶

 

寒さでこんなに震えたのいつぶりかな?
なーんてことを朦朧とした意識の中で
考えてた私はきっとバカだと思う🤣💨笑

 

でもとにかく寒かった・・・

 

オペ終了後はリカバリールームで
電気毛布をお借りして休ませていただき、
症状は無事に落ち着きました🙇‍♂️💭

 

 

↓ 施術直後はこんな感じだったよ ↓
 

 

 

なんかもう、、

孫先生には色々なわがままを聞いてもらって
それでも親切に✨優しくしてくださって✨

看護師さんもたくさんサポートしてくださって
皆さんの優しさが身に沁みた1日でした😭💖

 

本当にありがとうございました🙏🏻

 

 

これから1週間検診などもあるので、
経過はまた載せていきますっ📝